光脱毛でも2種類あるって知ってました?

脱毛サロンや脱毛クリニックで受ける脱毛には、大きく分けて3種類の脱毛方法があります。

・光脱毛(フラッシュ脱毛)
・医療用レーザー脱毛
・美容電気脱毛

この中で、光脱毛は痛みも少なくて簡単に脱毛できるということで、エステサロンを中心に主流となっている脱毛方法です。

でも実は、光脱毛にも2種類の脱毛方法があるってご存知でしたか?

その違いで脱毛の効果・痛み・肌への負担が違うんですよ。

光脱毛の種類の違い

光脱毛には

・IPL方式(インテンス・パルス・ライト)
・SSC方式(スムース・スキン・コントロール)

の2種類があります。

IPL方式(インテンス・パルス・ライト)

黒色の色素に反応する光を照射して、ムダ毛を燃やしてその光熱で毛乳頭や毛母細胞にダメージを与えてムダ毛を薄くする方式です。

医療用レーザー脱毛と仕組みは同じですが、光の出力が弱く1回の脱毛効果はレーザー脱毛よりは劣ります。

ですが、一度に広範囲照射できるし、なにより肌への負担が少ないのが特徴です。

肌への負担が少ないと痛みも少なくなります。痛みが苦手だったり肌に優しい脱毛がしたい人に人気のある脱毛方式です。

SSC方式(スムース・スキン・コントロール)

抑毛効果のあるジェルと塗って、光の熱でジェルを浸透させてムダ毛を薄くする方式です。

レーザーや光でムダ毛に反応させる方法とは違い、肌への負担が全くないのが特徴です。脱毛後からツルスベの肌に生まれ変わります。

脱毛効果は光やレーザーを直接照射する方式よりも弱いですが、回数を重ねれば生えなくなってくるので、肌への負担を気にする女性に特に人気の脱毛方式となっています。

脱毛方式でサロンやクリニックを選びましょう

脱毛サロンやクリニックを選ぶときは、値段や接客も重要ですが、一番は脱毛方法の違いで選びましょう。

どれがよくてどれが悪いというのはありません。

痛みや肌への負担があっても1回の脱毛効果が高い方法をとるか?
1回の脱毛効果が薄くても痛みや肌への負担がないものを選ぶか?

この違いで選ぶのがポイントです

肌が強かったりムダ毛が濃い男性は前者を選ぶので、医療用レーザー脱毛を選ぶ人が多いです。

逆に肌への影響を気にする女性は後者を選びます。

自分の目的と痛みの許容範囲などを考えてから、脱毛方法を中心にサロンやクリニックを選ぶと失敗がないと思いますよ。

脱毛サロンで脱毛方法が違うのは何で?

以前の記事で、脱毛方法は3種類あると説明しました。

・医療用レーザー脱毛
・フラッシュ脱毛
・美容電気脱毛(ニードル脱毛)

それぞれにメリット・デメリットがあって、どれを選ぶかは脱毛を受ける人次第なのですが、なぜ脱毛サロンによって、採用する脱毛方法が違うのでしょうか?

医療用レーザー脱毛を扱う脱毛サロン

医療用レーザー脱毛を扱うサロンは、正確に言うと脱毛サロンではなく脱毛クリニックになります。

「医療用」とつくだけあって、医師免許をもつクリニックでしか扱うことができません。

医療用レーザー脱毛は、レーザー出力の高い脱毛機です。

レーザーの出力が高いと1回の脱毛効果も高くなるのですが、その分肌にかかる負担も大きくなります。

脱毛後に赤く腫れることはあるのですが、場合によっては軽度の火傷になる場合もあります。

そうしたトラブルのときに、治療ができる医療機関でないと対応ができません。

そのため、医療機関で扱うことが許されているのがレーザー脱毛で、脱毛クリニックと呼ばれるところで採用されています。

フラッシュ脱毛を扱う脱毛サロン

フラッシュ脱毛は、大手エステサロンから個人で経営するような脱毛サロンで幅広く採用されている脱毛機です。

メリットは手軽に、安全に、広範囲の脱毛ができること。

光脱毛の出力はレーザー脱毛の出力に比べて弱いので、肌にかかる負担がほとんどありません。そのため肌トラブルになることもほとんどないので、エステサロンで扱うことが許可されています。

エステサロン側も、簡単に脱毛機を扱うことができるので、コストパフォーマンスに優れた脱毛機です。

美容電気脱毛を扱う脱毛サロン

美容電気脱毛は、一部の大手エステサロンや皮膚科の病院で採用されている脱毛機です。

ムダ毛1本1本に電気を流すので、脱毛するスタッフ側の技術が必要になります。
また、脱毛に時間がかかるので、脱毛する側の人件費という意味ではあまりコストパフォーマンスはよくありません。

一方で、高い脱毛効果があるので皮膚科の病院でも採用されています。

脱毛効果はある意味脱毛サロンやクリニックに信頼になります。

またどんなに痛くても1回の脱毛で済ませたい!という人も結構いるので需要があります。

以上のようにどの脱毛方法を採用するかは、採用する側の考えと都合によります。

今は脱毛器の技術も年々進化していて、誰が扱ってもトラブル無く脱毛できるように設計されています。

脱毛サロンや脱毛クリニックを選ぶ際は、どの脱毛方法を採用しているか?で選ぶのが一番いいでしょう。

男性の間でもパイパンが流行ってる!?

女性のVIO脱毛は結構前から流行っていました。

陰部のムダ毛をツルツルに脱毛して綺麗にする、いわゆるパイパン脱毛が流行っていて、綺麗にしたい女性に人気の脱毛です。

でも、今、男性の間でもパイパンが流行っているって知ってましたか?

ツルツル男子という言葉が出てきているとおり、男性も陰毛やお尻の毛を脱毛してツルツルにする脱毛が流行っているようです。

男性の間でも、ムダ毛は気持ち悪い、綺麗にしたいという意識が浸透してきているということですね。

でも、そんなパイパンにするためのVIO脱毛。実際に脱毛サロンやクリニックで脱毛するときは、どのように脱毛するのでしょうか?恥ずかしくないのでしょうか?

VIO脱毛はやっぱり恥ずかしい

VIO脱毛でも脱毛方法は変わりません。

他の腕や脚と同様、担当スタッフさんが脱毛機を使って脱毛します。

そのため、陰部も全開で脱毛します。

当然、タオルで覆うなどの配慮はしますが、陰毛を脱毛するのですから陰部は見えて当然ですね。

脱毛サロンやクリニックの担当スタッフは大抵が女性ですから、そりゃもう恥ずかしいです。

サロンによってはVIO脱毛だけ男性が行うところもありますが、ほとんどが女性です。いやー、女性に陰部を見られて脱毛するのは本当に恥ずかしいですよ。

男性専用の脱毛サロンでVIO脱毛をする

パイパン男子を目指してVIO脱毛するなら、男性専用の脱毛サロンがお勧めです。

男性専用というのは、文字通り男性のみに脱毛サロンのこと。

お客だけではなく、担当スタッフも全員男性です。

受付も男性で脱毛するスタッフも男性です。

自分の陰部をさらすのですから相手が男性でも恥ずかしいことは恥ずかしいのですが、女性スタッフよりも全然恥ずかしさはないと思います。

最近で言うと、男性専用の脱毛サロンといえばRINX(リンクス)がお勧めです。

主要都市部に展開している脱毛サロンで、施術も丁寧だし、何より男性スタッフさんの対応が本当に親切。腰が低くて好感がもてます。

VIO脱毛というと恥ずかしいし不安にもなるけど、RINXならそういった恥ずかしさや不安をあまり感じずに脱毛を受けることができると思います。

もちろんVIO脱毛だけではなく、髭や体といった全身の脱毛もできるので、パイパンだけではなく全身を脱毛するツルツル男子を目指す男性には、ぜひお勧めしたい脱毛サロンです。

地方の地元エステサロンってどうなの?

東京、大阪などの大都市だと、脱毛エステサロンやクリニックも沢山の会社があるのでどこで脱毛を受けるかはある意味選び放題です。

ですが、地方の都市だとあまり選択肢はありません。

都会に進出しているような中規模の脱毛サロンはほとんどないし、大手のエステサロンやクリニックでも進出していない都市もあります。できれば医療用レーザー脱毛・フラッシュ脱毛・美容電気脱毛の中から自分で選択できるのがベストなのですが。

そんな中でたまにあるので、地方の地元エステサロン。

全国展開している大手の支店ではなく、完全に地元のみで展開しているエステサロンです。

果たして地元のエステサロンってどうなのでしょうか?

脱毛効果に問題はない

地元のエステサロンでも脱毛効果に関しては大丈夫だと思います。

よほど料金が安かったりしない限り、フラッシュ脱毛でも脱毛効果は期待できるし、自分でカミソリで剃ったり脱毛クリームで処理するよりは綺麗に処理できるし持続性もあります。

ですが、問題点は信頼性や実績です。

今までどのくらいのお客数を受けてきたか?何年くらい続いているのか?スタッフの教育は徹底されているのか?そのへんが不明確です。

実績数は信頼性の証

大手エステサロンやクリニックが掲げている実績数や実例数は単に数字だけではありません。

その実績数をこなしてきたノウハウがあります。ノウハウを蓄積して状況に応じた対応ができるから、お客が思っている脱毛効果と脱毛サロン側が思っている脱毛効果に差がありません。

ですが、小さいエステサロンや実績がないエステサロンだと、お客とサロン側の差が大きくなる場合があります。

お客側はもっと薄くなることを期待していたのに、実際に脱毛が終わってもあまり薄くならなかった。ここの部分はもっと残したかったのに脱毛されてしまったとか。

そのような脱毛後のトラブルを避けるためにも、スタッフの教育が徹底されていていろいろな実例数がある大手のサロンやクリニックの方が安心感はあります。

隣の県や隣の市が大都市で、大手の脱毛サロンやクリニックがあるのなら、面倒でも隣の県や隣の市まで通うことをお勧めします。

脱毛は決して安くない値段だから、失敗はしたくないですよね。

どこなら必ず安全だし必ず希望通りになる!という絶対はありませんが、大手の脱毛サロンやクリニックの方が自分の希望通りの脱毛結果になる確立は高くなると思います。

エステサロンってどこにあるの?広いの?

脱毛エステサロンってどこにあるのでしょうか?

最近は男性のエステサロンが流行っているといっても、まだまだエステサロンに行ったことがない男性の方が全然多いですよね。

僕も脱毛を受けるまではエステサロンって全く馴染みがなかったし、どこにあるかも知りませんでした。まあ興味がないと大体そんなものですよね。

エステサロンってどこになるのでしょうか?

エステサロンの中は広いの?きれいなの?

駅近くのビルの一室です

脱毛エステサロンは大体が駅近くのビルの一室です。

交通アクセスがいいように、大手エステサロンならほとんどが駅近くのビルの一室にサロンを開いています。

エステサロンが建物全般を貸しきっていることもなく、大体がテナントの一室です。

え?他のテナントの人と会わない?と思うかもしれませんが、だからこそいいんです。恥ずかしがり屋には複数のテナントが入ってるからこそ入りやすいんです。

考えてみてください。

その建物が脱毛エステサロンだけだったら、建物の入口に入った瞬間に「脱毛する人」とわかってしまいます。道行く人に「脱毛する人」とわかってしまいます。逆に出てくるときも道行く人に「脱毛してきた人」とわかってしまいます。こっちの方が恥ずかしいですかね。

複数テナント入っていれば、どこのテナントに入っていくのか?どこのテナントから出てきたのかがわからないから、恥ずかしくありません。

恥ずかしがり屋さんにはちょうどいいですよね。

1つのサロンに脱毛器が5台くらい

1つのエステサロンに大体脱毛器が5つ前後あります。

脱毛器が置けて人が寝るスペースがあればいいので、サロン自体はそれほど広くありません。受付とスタッフの待合室、脱毛する人の待合室(カウンセリングルーム)と脱毛する部屋があればいいだけですからね。

5台全部フル稼働していることはありませんが、2人か3人くらいは同じ時間帯に脱毛を受けるみたいです。時間帯とスタッフさんのシフト次第もありそうですが、一人だけというのはあまりないです。それだけ男性の脱毛も人気があるということですね。

当然ですが、脱毛を受ける場所は壁かカーテンなどで仕切られているのでプライベートな空間が保たれます。隣の話し声が聞こえることもありますが、顔を突き合わせているわけではないので恥ずかしくはないですよね。

待合室で他の人に会うことはほとんどありません。

エステサロンのスタッフさんが気を効かせてくれて、なるべく他の人に合わないように時間調整してくれます。

エステサロンは思ったより身近に、思ったより広くない場所でやっています。

はじめは緊張すると思いますが、通っているうちにすぐに慣れてしまうものですよ。

男性専用のエステサロンでも女性スタッフなのは何で?

エステサロンというと女性のイメージがあるけど、最近では男性のエステサロンも増えています。

それだけ男性も自分磨きに興味があるということで、エステサロンを利用する男性が多いということですね。

でも男性のエステサロンが増えてきて「男性専用のエステサロン」も増えてきたけど、実際にエステをしたり脱毛するスタッフは女性です。なぜでしょうか?

女性の応募が多い

エステや脱毛というと「女性」のイメージがあるようです。

仕事を選ぶときにエステティシャンを希望する人は、男性よりも女性のほうが圧倒的に多いとのこと。そもそも募集も女性限定が多いみたいですね。

確かに男性である自分が仕事を考えたときに「エステティシャン」という選択肢は考えつかないですね。

男性がエステや脱毛の担当って恥ずかしくない?

そもそもエステや脱毛を受ける側として考えたときに、エステや脱毛をしてくれるスタッフが男性というのは違和感があるし恥ずかしいです。

もちろん女性スタッフでも少し恥ずかしいのですが、男性スタッフにやられるよりも全然恥ずかしくないですね。それが当たり前というか。自然に受けることができるのはやっぱり女性スタッフです。

それでもこれからは男性スタッフも増える

それでもこれからは男性スタッフが増える傾向にあるようです。

その理由は、男性のVIO脱毛が増えてきたから。

VIOというと陰部やお尻の穴付近といったデリケートゾーンの脱毛です。女性には人気の高い脱毛ですが、今、男性のVIO脱毛も急増しています。

VIO脱毛を考えたときに、さすがに女性スタッフでは恥ずかしいです。陰部やお尻の穴を他人の女性に見られなが脱毛なんて恥ずかしさマックスです。

自分を考えてみてもVIO脱毛は男性スタッフの方がいいですし、そうかんがえる男性は多いみたいですね。

まだまだ女性スタッフの多い脱毛の世界ですが、男性専用の脱毛エステサロで男性スタッフのみというサロンも徐々に増えてきています。

これからは男性も自分の綺麗を追求する時代です。

髭や体毛といったムダ毛は男性の方が圧倒的に濃いし多いから、需要はどんどん増えていきそうですね。

自分もまだまだ脱毛したい箇所があるし、男性専用のサロンで男性スタッフが増えればもっと気軽に脱毛できるかもしれないですね。

メンズ脱毛エステサロンってどんなところ?

メンズ脱毛エステサロン。

女性に比べて男性はエステサロンとかあまり行かないですから、脱毛エステがどのようなものか想像つかないですよね?

行ったら何をされるんだろう?どういう話しをしたらいいんだろう?恥ずかしくないかな?

わからないから不安になるし、不安になるとなかなか脱毛に踏み切れない男性もいるみたいです。

でも、脱毛エステは仕事でやっていることだし、こちらもそれほど構えることはありません。普通に自分通りに振るまえばいいだけです。

脱毛エステサロンで何をやるの?

脱毛エステでの脱毛の流れは大きく分けて3つです。

・脱毛に関するカウンセリング(打合せ)
・脱毛作業
・アフターケア

脱毛に関するカウンセリング(打合せ)

脱毛に関する打ち合わせをします。

どこの部分の体毛をどの程度薄くするのか?ムダ毛のないツルツルの肌にしたいのか?などヒアリングを受けます。

また、脱毛に関する情報や注意事項などの確認を行います。

エステサロンによっては万が一のトラブルがあることを了承する誓約書や、途中経過の写真をとっても良いなどといった誓約書にサインします。

全ての説明と質疑応答が終わったらカウンセリングは終了です。

だいたい初めて通院したときに行いますが、必要があれば実施されるしコチラから質問があるときはしても構いません。

脱毛作業

レーザー照射する個室や仕切りのある部屋へ通されます。実際の脱毛作業です。

脱毛範囲にペンでマーキングして、脱毛を行います。

脱毛中はスタッフさんと1対1になりますが、緊張する必要はありません。話したければ話せばいいし、話くたくなければ黙っていても構いません。

スタッフさんの方から話しかけてくることもありますが、もし喋りたくなければ必要以上に話さなければ、スタッフさんも察してくれてあまり踏み込んでくることはありません。もちろん喋りたくないからといって無視はいけませんよ!

アフターケア

脱毛後はアフターケアです。

レーザー脱毛や光脱毛はレーザーで毛穴を焼き切るため、脱毛直後は赤く腫れたりします。その腫れを抑えるため、脱毛直後は保冷剤や冷たいタオルでアイシングします。

10分、15分のアイシングのあとは、炎症止めの軟膏を塗って終了です。

脱毛エステサロンでの脱毛は淡々と作業されるので、こちらも別に構える必要はありません。

よく「勧誘がしつこかった」といった評判もありますが、有名店や大手のエステサロンならそこまでしつこい勧誘はありません。安心してください。

安心できる脱毛クリニックとは?失敗しない選び方

今、脱毛する人が多いみたいですね。

テレビCMとか雑誌の特集でよく取りあげられてるし、実際に脱毛クリニックとかエステサロンに行くといつも満員状態です。もちろんお客同士で顔を合わせることはありませんよ。

脱毛が人気なのは女性に限らず男性にも人気です。

髭の脱毛を中心に、胸毛や腹毛など。男性のVIO脱毛も人気みたいです。

でも脱毛したいけど、どこのクリニックがいいのか?失敗しないエステサロンはどこなのか?わからなかったりしませんか?

安心できる脱毛クリニック・脱毛サロンの選び方をご紹介します。

予約ホームページがあること

これは最近では当然ですね。

10年前なら電話予約が中心でも、今はネット予約が中心です。

ネットでクリニックの脱毛内容とかエステサロンの脱毛方法が掲示してある予約専用のサイトがあるのが普通です。

有名どころのクリニックなら予約ホームページがあるのが当たり前ですが、これも選ぶポイントの1つです。

脱毛方法が載っている

予約ホームページに詳細な脱毛方法が載っていることも重要です。

脱毛方法には、レーザー脱毛・光脱毛・美容電気脱毛があります。しかも同じレーザー脱毛でもクリニックによって扱う機械が違うため、レーザーの種類も異なる場合が多いです。

自分のホームページーで脱毛方法が記載されていたり脱毛効果が記載されているということは、それだけ脱毛に自信があるということ。

申し込む前のお客に対しても親切な姿勢は、実際に申し込んで脱毛を受けるときも変わりありません。

予約ホームページでも脱毛方法をチェックしてみてください。

ビフォー・アフターの写真が掲載されている

実際に脱毛を受けたお客のビフォー・アフターの写真が掲載されているところは、文句なくお勧めです。それだけ自分のところの脱毛技術に自信があるということです。

また写真を掲載することで、脱毛の効果を知りたいお客の目安になります。実際の写真があればどのくらいのレーザー照射でどのくらいの脱毛結果になるかわかりやすいですからね。

ビフォー・アフターじゃなくても、実際に脱毛したお客のアンケート結果が載っていたりするのもポイントです。もちろん満足しているアンケート結果しか載せないこともありますが、クリニックやエステサロンの様子がわかるので、何も知らないこれから通うお客にとってはありがたい情報です。

上記の内容をご参考に、納得のいく脱毛クリニック選んでください。

メンズ脱毛で綺麗になる!まずは脱毛方法の違いから

最近、男性にも脱毛は流行っています。

メンズ専用の脱毛サロンやクリニックがあるくらいだから、需要が高いということですね。

といっている僕もエステサロンで脱毛を受けました。髭とすね毛です。昔から濃くて青くなる髭とモジャモジャとしたすね毛がものすごく気になっていて、絶対脱毛してやる!と思っていたんです。

2年前から脱毛を受け始めて、半年前に完了しました。

今ではツルツルの顔とすねに大満足です。体毛がコンプレックスで恥ずかしい思いもしたし悩んでいた時期もあったくらいだから。

これから脱毛を考える男性に少しでも参考になればと思って当ブログを書きました。

脱毛方法の違いを理解しよう

脱毛するときに大事なのが、脱毛方法の違い。

今現在、脱毛方法は大きく分けて3種類の方法があります。どれもメリット・デメリットがありますが、一番重要なのは「自分がどう脱毛したいか」に合わせて選ぶことです。

レーザー脱毛

医療用レーザー機器を使用した脱毛方法です。
黒い色に反応する高出力のレーザーを肌に照射して、毛穴の奥の黒い毛に反応させて毛根を焼き切って脱毛する方法です。

美容電気脱毛よりも痛みが少なくスピーディー。レーザー照射の回数を重ねれば、ほぼ永久脱毛となるので、ツルツルの肌にしたい男性に特に人気の脱毛方法です。

光脱毛(フラッシュ脱毛)

光を照射する機器を使用した脱毛方法です。
光といってもその仕組はレーザーと変わらず、医療用のレーザー機器よりも出力が低いのが特徴です。

医療用レーザー脱毛よりも出力が低くて脱毛効果は薄いですが、痛みが一番少ない脱毛方法で広範囲に照射できるので1回の脱毛がスピーディーに終わるのも特徴です。

すね毛や腕毛など、薄くしたいけどちょっとは残したい!という男性に人気の脱毛方法です。

美容電気脱毛(ニードル脱毛)

体毛1本1本に電流を流して、毛穴の奥の毛根を壊す脱毛方法です。

1本1本に電気を流すので体毛の細かい調節が可能。しかも電気を流した毛穴は確実に脱毛効果があります。

一方で脱毛に時間がかかるというデメリットもあります。また、3つの手法の中で一番痛みの激しい脱毛方法で我慢できない男性もいるとのことです。

以上、3つの脱毛方法をご紹介しました。

この中で僕が受けたのは、髭がレーザー脱毛、すね毛が光脱毛です。