脱毛サロンで脱毛方法が違うのは何で?

以前の記事で、脱毛方法は3種類あると説明しました。

・医療用レーザー脱毛
・フラッシュ脱毛
・美容電気脱毛(ニードル脱毛)

それぞれにメリット・デメリットがあって、どれを選ぶかは脱毛を受ける人次第なのですが、なぜ脱毛サロンによって、採用する脱毛方法が違うのでしょうか?

医療用レーザー脱毛を扱う脱毛サロン

医療用レーザー脱毛を扱うサロンは、正確に言うと脱毛サロンではなく脱毛クリニックになります。

「医療用」とつくだけあって、医師免許をもつクリニックでしか扱うことができません。

医療用レーザー脱毛は、レーザー出力の高い脱毛機です。

レーザーの出力が高いと1回の脱毛効果も高くなるのですが、その分肌にかかる負担も大きくなります。

脱毛後に赤く腫れることはあるのですが、場合によっては軽度の火傷になる場合もあります。

そうしたトラブルのときに、治療ができる医療機関でないと対応ができません。

そのため、医療機関で扱うことが許されているのがレーザー脱毛で、脱毛クリニックと呼ばれるところで採用されています。

フラッシュ脱毛を扱う脱毛サロン

フラッシュ脱毛は、大手エステサロンから個人で経営するような脱毛サロンで幅広く採用されている脱毛機です。

メリットは手軽に、安全に、広範囲の脱毛ができること。

光脱毛の出力はレーザー脱毛の出力に比べて弱いので、肌にかかる負担がほとんどありません。そのため肌トラブルになることもほとんどないので、エステサロンで扱うことが許可されています。

エステサロン側も、簡単に脱毛機を扱うことができるので、コストパフォーマンスに優れた脱毛機です。

美容電気脱毛を扱う脱毛サロン

美容電気脱毛は、一部の大手エステサロンや皮膚科の病院で採用されている脱毛機です。

ムダ毛1本1本に電気を流すので、脱毛するスタッフ側の技術が必要になります。
また、脱毛に時間がかかるので、脱毛する側の人件費という意味ではあまりコストパフォーマンスはよくありません。

一方で、高い脱毛効果があるので皮膚科の病院でも採用されています。

脱毛効果はある意味脱毛サロンやクリニックに信頼になります。

またどんなに痛くても1回の脱毛で済ませたい!という人も結構いるので需要があります。

以上のようにどの脱毛方法を採用するかは、採用する側の考えと都合によります。

今は脱毛器の技術も年々進化していて、誰が扱ってもトラブル無く脱毛できるように設計されています。

脱毛サロンや脱毛クリニックを選ぶ際は、どの脱毛方法を採用しているか?で選ぶのが一番いいでしょう。