光脱毛でも2種類あるって知ってました?

脱毛サロンや脱毛クリニックで受ける脱毛には、大きく分けて3種類の脱毛方法があります。

・光脱毛(フラッシュ脱毛)
・医療用レーザー脱毛
・美容電気脱毛

この中で、光脱毛は痛みも少なくて簡単に脱毛できるということで、エステサロンを中心に主流となっている脱毛方法です。

でも実は、光脱毛にも2種類の脱毛方法があるってご存知でしたか?

その違いで脱毛の効果・痛み・肌への負担が違うんですよ。

光脱毛の種類の違い

光脱毛には

・IPL方式(インテンス・パルス・ライト)
・SSC方式(スムース・スキン・コントロール)

の2種類があります。

IPL方式(インテンス・パルス・ライト)

黒色の色素に反応する光を照射して、ムダ毛を燃やしてその光熱で毛乳頭や毛母細胞にダメージを与えてムダ毛を薄くする方式です。

医療用レーザー脱毛と仕組みは同じですが、光の出力が弱く1回の脱毛効果はレーザー脱毛よりは劣ります。

ですが、一度に広範囲照射できるし、なにより肌への負担が少ないのが特徴です。

肌への負担が少ないと痛みも少なくなります。痛みが苦手だったり肌に優しい脱毛がしたい人に人気のある脱毛方式です。

SSC方式(スムース・スキン・コントロール)

抑毛効果のあるジェルと塗って、光の熱でジェルを浸透させてムダ毛を薄くする方式です。

レーザーや光でムダ毛に反応させる方法とは違い、肌への負担が全くないのが特徴です。脱毛後からツルスベの肌に生まれ変わります。

脱毛効果は光やレーザーを直接照射する方式よりも弱いですが、回数を重ねれば生えなくなってくるので、肌への負担を気にする女性に特に人気の脱毛方式となっています。

脱毛方式でサロンやクリニックを選びましょう

脱毛サロンやクリニックを選ぶときは、値段や接客も重要ですが、一番は脱毛方法の違いで選びましょう。

どれがよくてどれが悪いというのはありません。

痛みや肌への負担があっても1回の脱毛効果が高い方法をとるか?
1回の脱毛効果が薄くても痛みや肌への負担がないものを選ぶか?

この違いで選ぶのがポイントです

肌が強かったりムダ毛が濃い男性は前者を選ぶので、医療用レーザー脱毛を選ぶ人が多いです。

逆に肌への影響を気にする女性は後者を選びます。

自分の目的と痛みの許容範囲などを考えてから、脱毛方法を中心にサロンやクリニックを選ぶと失敗がないと思いますよ。